光や熱を利用

光を使った脱毛には、「フラッシュ脱毛」があります。
これは、「インテンスパルスライト」のエネルギーを利用して脱毛します。
このインテンスパルスライトは特殊な波長を持っており、距離が離れるほど拡散するという特性があります。
これを肌に照射すると、表面の温度を下げずに、毛根だけにエネルギーを集められるので、今までの物より肌への負担が少なくなっています。
施術後は、早い人だと1ヵ月ほどでまた毛が生えてきますが、新しい毛は以前の物より細くなっているので、その新しい毛に再び照射していきます。
                                                                        

これを繰り返すうちに、毛母細胞が死滅していき、脱毛が完了します。
ですから、途中で施術をやめてしまうと効果がないので注意してください。
また、熱を使った「熱線式」の脱毛器もあります。
これは、ムダ毛を焼き切るという原理になっています。
つまり、厳密に言うと脱毛器ではなく、「肌を傷めにくいシェーバー」と言えます。
あまり痛みはありませんが、フラッシュ脱毛と比べると効果が持続する期間は短く、2~3日ほどで毛が伸びて来ます。
また、フラッシュ脱毛は基本的にどんな場所でもできますが、こちらの場合は、顔や粘膜など肌の弱い部分に使うことはできません。

Comments are closed.