毛根の細胞を壊す

近年用いられている永久脱毛の技術は、代表的なフラッシュ方式と医療レーザーに加えてニードル方式が挙げられ、これらは痛みや価格・施術時間などに差は生じますが、全て共通する目的を持った施術方法となります。
ニードル方式に関しては光を照射する方法とは若干別の扱いであり、針に電流を流す過程の部分が大きく異なっていますが、毛根部分に存在する毛乳頭と呼ばれる細胞を壊す事で発毛そのものを停止させる手法となる点では同一であると言えます。
一方でフラッシュ方式や医療レーザーの場合は黒色のメラニン色素に反応する特殊な光を皮膚へ照射し、毛を発熱させて毛乳頭を焼いてしまうメカニズムとなっています。

基本的にはレーザーのように照射する光が強いほど脱毛効果も高くなりますが、メラニン色素を多く含む成長期の毛にしか効果を与えられない為、毛周期の概念を意識しつつ施術を繰り返し受ける必要性があります。
また、産毛のようなメラニン色素が少なく極端に細い毛へ対しては十分な熱を蓄積できず、毛乳頭の細胞にダメージを与えられない可能性も考えられます。
脱毛は用いる技術に応じて痛みの強さや副作用などの要素も変わってくる事から、自身の肌質や予算を考えた上での選択が求められます。

Comments are closed.